title
8

コーディネートのセルフダメ出しで、おしゃれの感覚を鍛える!【スタイリストのマイルール】

いよいよ発売が来週(10月9日)に迫った、スタイリスト川上さやかさんの初の著書『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』。今回は、この本を編集したエディターの高橋が、本の中に必ず入れたいと思っていた、スタイリスト川上さやかさんのコーディネートプロセスを紐解いて、さやかさんの頭の中を覗いてみよう、という渾身の企画について紹介します!

 


スタイリスト川上さやかさんは、コーディネートを完成するまで徹底的な取捨選択をしている!

書籍『おしゃれになりたかったら、トレンドはいらない。』に収録されている「コーディネートのセルフダメ出しはこうやる!」。これは、ふだんスタイリストさんが無意識にしているおしゃれのための取捨選択を、目に見えるようにまとめたもの。今日の予定に合わせた最初のアイテム選びから、コーディネートの組み立て方、小物の合わせ方を比較しながら見ていただけるようになっています。ひとつのコーディネートに、こんなに手間をかけていたのか! こんなところまで考えていたのか! という発見がきっとあると思います。さやかさんいわく、とにかく妥協せず、正解を考えていくことが大事だそう。


書籍に収録されていない「コーディネートのセルフダメ出し」を特別に公開!

ニット/カレンソロジー ジャケット/オーラリー パンツ/ウィム ガゼット バッグ/ルイ・ヴィトン 靴/ピッピシック イヤリング/エナソルーナ 時計/カルティエ

では、スタイリスト川上さやかさんが実際にどのように「セルフダメ出し」をしているか、書籍には掲載されていないコーディネートで、特別にお見せしようと思います!


背中空きトップスを女っぽく着ないのがコーディネートのゴール

 

「ふだん、ほぼクルーネックばかり着ていますが、首元が詰まって、後ろが開いた背中開きトップスも好きなアイテムのひとつ。ですが、女らしい背中開きトップスを女っぽく仕上げたのでは、色っぽくなりすぎるので、ハンサム要素やカジュアル要素を足していきます」

リブニットのタイトスカート
上下とも体のラインを拾うピタピタシルエットで女っぽすぎる
ドローストリングパンツ
女っぽいトップスなので、ドローストリングパンツのウエスト紐をあえて見せて、カジュアル感を投入
コーデュロイのブラウンブルゾン
リブニット、とろみ素材のパンツ、ブルゾンのコーデュロイ素材。それぞれの素材感が主張しすぎて、まとまりがない。色味もチグハグ。
スムース素材の黒ブルゾン
ブルゾンの素材に主張がないので、コーディネートに馴染む。タイトなニットに、大きめのメンズサイズをバサッとはおる甘辛ミックスも今の気分にマッチ。
かごバッグ
色味は洋服と合っているが、かごの素材感が洋服とケンカしてしまう。リブニット、とろみ素材のパンツだけで、素材のミックス感は十分。
ボストンバッグ
バッグのヴィンテージ感や、「HELLO」のロゴ入りが、女っぽいニットをカジュアルに崩してくれる。
ブーツ
色味は合っているが、パンツがテーパードなので、ブーツが重すぎて悪目立ちしている。軽やかなパンツの素材の落ち感やとろみ素材と、重いレザーブーツのバランスもチグハグ。
バーサンダル
ブーツと同じ黒でも、肌が見えることで抜け感が生まれるのですっきり見える。ヒールは太めなのもバランスがいい。
時計あり
タイトで女らしいトップスに、太ベルトの腕時計をすると辛口に仕上がる。時計がないと少し物足りない印象に。
ネックレス×フープイヤリング
上半身の洋服が黒なので、イエローゴールドのネックレスとイヤリングを両方つけると、迫力が出すぎてしまう。着飾りすぎた印象にも。
フープイヤリングのみ
小さめのイヤリングをさりげなくつけるくらいの方がバランスがいい。

 

程よく女らしく、程よくカジュアルなコーディネートが完成!

 


いかがでしたか?
スタイリスト川上さやかさんのコーディネートのこだわりどころを見ていただきました。最初は少し面倒に思うかもしれませんが、手を抜かず、セルフダメ出しを続けていると、この合わせはちょっと違う、この合わせはOKという感覚が身につきます。
一生モノの洋服はなくても、この感覚は一生モノ。ぜひお試しください。

次回は、書籍に掲載されているコーディネートについて、紐解いていきたいと思います。
 

『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。 誰も教えてくれなかった脱おしゃれ迷子のルール56』川上さやか ¥1450(税別)<10月9日発売>


11月9日(土) 三省堂書店池袋本店にてトークショー開催決定!
参加お申し込み受付中!>>

【三省堂書店池袋本店 書籍館1階】にて対象書籍をご購入下さい。引換えに参加券を配布します。

参加券のご予約はWEBにて承ります。
⇒https://eventregist.com/e/QuRqrY4IhzNg

お席に限りがございますのでお早目に参加券をご予約、あるいは店頭にてお引き取りください。

<イベント当日のご注意事項>
・参加券の販売レジとイベント会場は別のフロアです。あらかじめ書籍館1階レジで書籍代金をお支払いいただき参加券をお受け取りの上、書籍館4階のイベント会場にお越しください。
・イベント当日は必ず参加券と対象書籍を会場にご持参ください。再発行は致しかねますので、注意ください。


10月27日(日)、梅田蔦屋書店にてトークショー開催!
参加お申し込み受付中>>

<川上さやかさんの誌上コーディネートアドバイス希望者募集!>
川上さやかさんの誌上コーディネートアドバイス企画がスタートします。
・自分らしくてよりおしゃれに見えるコーディネート法を教えて欲しい
・買ったけど何に合わせていいかわからない「アイテム」どうしたらいい?
という方、お写真とお悩みポイントを送ってください!!

コーディネートの全身写真、あるいは、ご相談したいアイテムの写真を送ってくださった方の中から、何名かの方に川上さやかさんが誌上パーソナルアドバイスさせていただきます。

応募締め切り:10月31日(木)11:59まで※ご応募にはミモレの会員登録が必要です。

(ご応募はページ下部の応募ボタンからお願いいたします。)

 

<新刊紹介>
『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』10月9日発売予定
著者 川上 さやか 1450円(税別) 講談社

【目次】 「おしゃれ迷子を脱する4つの発想の転換」「おしゃれってこういうこと」など買い物以前の心得から、「プチプラ、セール活用術」「仕事服」「失敗しないアイテム選びの極意」など、ベーシックでシンプルなアイテムだけでおしゃれに見えるコツを丁寧に解説します。
スタイリストの川上さやかさんが朝、お洋服を決めるとき、どんな風に選んでいるのか? コーディネートのセルフダメ出しを実況中継! 今日の予定となりたいイメージにぴったりのコーディネートが決められる“チェックポイント”がつまびらかに!
会社員の経験に基づいた失敗しない買い物術の数々……。買ったけどあまり着てない服をつくらないための選び方、試着の際に見るべきポイント解説も。
長くスタメンとして活躍するアイテムとすぐにタンスの肥やしになってしまうアイテムはどこが違う? 着まわしやすいデザインや、お手入れの楽チンさ、流行遅れになりづらいものの見極め方などをアイテム別に徹底分析!

撮影/目黒智子、坂根綾子
スタイリスト/川上さやか
ヘアメイク/桑野泰成(ilumini.)
構成・文/高橋香奈子、川端里恵(編集部)

 

第一回「スタイリスト川上さやかさんの初のファッション指南本、刊行決定!」はこちら>>
第二回「川上さやかの初ファッション指南本“トレンドは買わない”の意味」はこちら>>
第三回「川上さやかさんのトークイベント開催!【10/27 大阪・梅田 蔦屋書店にて】」はこちら>>
第四回「川上さやかさん発!おしゃれ迷子から脱却するにはトレンドから距離を置く」はこちら>>
第五回「スタイリスト川上さやかさんの書籍の見どころはOK、NG例!」はこちら>>
第六回「自分のキャラにない色は着なくていい【脱おしゃれ迷子のルール】」はこちら>>